Return to site

間違いだらけのクロダイ釣り vol.1 

クロダイは神経質でも警戒心が強いわけでもない

· フィッシング

クロダイという魚はほぼ日本全国に住んでいます。それも、人間が住んでいるエリアのすぐ近くまでやってきます。この魚の人気が高い理由の一つが、近場で大型が釣れることです。大都市の近くの港でも時期によっては40㎝オーバーが期待できるのです。都市近郊でこれだけのサイズが釣れるのは、他にスズキ、ボラ程度でしょう。

 

しかし、スズキにしてもボラにしても近郊の汚水の影響を受けるため身が臭くなり、とても食べられません。チヌも美味しい魚ではありませんが、ボラ、スズキほどではありません。特に、春になって沖から接岸してきた個体は臭みが少なく、美味しく食べられます。というわけで、海の釣りでは最も人気があるのがクロダイといっていいでしょう。

クロダイ

ウェブサイトの釣りガイドは間違いだらけ

かつて、釣りに関するガイド(釣りとは限りませんが)は専門家の分野であり、釣り場やテクニック論についても見識が高く責任のある立場の人たちが執筆していました。ところが、今はネット社会。個人の立場で自由に発言できる時代が到来しました。それにともなって、釣りの分野でもさまざまなレベルの人たちが自由に発言できるようになりました。彼らは決してウソを言っているのではなく、自分が信じていることを公開しているのですが、いかんせん経験が浅いという事実を隠すことはできません。

 

もちろん、ウェブサイトで公開されているものがすべて間違いだと決めつけているわけではありません。中には非常に役立つ情報を知らせているものもあります。とはいえ、ビギナーの皆さんがそれを判別するのは難しいでしょう。この記事を参考にして、なにが正しく、どこが間違っているかを自分で判断してください。

クロダイの釣り方はさまざま

クロダイにはさまざまな釣り方があります。最も人気が高いのはなんといってもウキ釣りでしょう。他には落とし込み釣り、カセ釣り、紀州釣り、ミャク釣り、それにルアー釣りもあります。なぜクロダイはさまざまな釣り方ができるのでしょうか。磯ではクロダイと並んで人気の高い対象魚であるグレ(メジナ)は、小型ならサビキ釣りで掛かることもありますが、ウキ釣り以外ではほとんど掛かることはありません。クロダイとグレはどこが違うのでしょうか。

 

答えはクロダイという魚の習性にあります。この魚はエサに対する執着心が非常に強く、ひとたびその気になるとどこまでも追いかけていき、なかなか諦めません。他の魚が近くにいようものなら追い散らし、独占しようとします。それに加えて好奇心が強く、警戒心を忘れて相当な浅場まで近づいてきます。これはどんなものでも食べるという雑食性とも関係しているのでしょう。

 

その結果、海底に転がってじっとしていても、魅力的な匂いを発していれば平気で食べます。自然界では100%あり得ないダンゴが沈んできても、いい匂いがすれば彼らは興味を引かれて近づいてきて口先でつつきます。フジツボやカメノテなどの潮間帯に生息する付着生物もクロダイのエサだし、その間に潜んでいるカニやムシ類(環形動物多毛類)も大好物です。ですから、潮間帯まで浮上してエサを追うのです。投げ釣りやカセ釣り、落とし込み釣りでもクロダイが釣れる理由を分かっていただけたと思います。グレではまず考えられません(小型は別ですが)。

クロダイは神経質だからハリスが太いと食わない?

多くの人がカン違いしている例として、クロダイは神経質で警戒心が非常に強いというのがあります。神経質とはどういう意味でしょうか? 人間の場合、小さなことに過剰に反応したり、心配性だったり、他人の目を非常に気にしたりという性格を神経質といいます。では、クロダイも小さなことに過剰反応するのでしょうか? 心配性なのでしょうか? 他人の目を気にしていますか? そんなことはまったくありません。というか、人間である限り誰も分からないでしょう。

 

こんなことを言い出したのは、多分過去の釣り方に大きく関係していたのだと思われます。過去といっても、その考え方を今も継承する釣り人は少なくありません。クロダイ釣りの仕掛けは細くなければならないということです。なぜそうするのかという質問に対して、彼らはこう答えます。「クロダイは神経質だから、太いハリスや大きいハリだとエサを食わない」と。太いハリス、大きいハリに対しては過剰に反応する。だから神経質だというわけです。でも、それは本当でしょうか?

 

投げ釣りでは何号のハリスを使うでしょうか。0.8号はあり得ないでしょう。1号も難しいところです。最低でも1.5号、できれば2号以上は使いたいところです。では、投げ釣りでハリスを2号にしたらクロダイは食わないでしょうか。そんなことはまずありません。3号でも5号でも食ってきます。イシダイ用のワイヤー仕掛けにも食ってきた事例はいくつもあります。

クロダイ

クロダイは警戒心が非常に強い?

次に、クロダイの習性として間違って伝えられている警戒心が強いという点についてはどうでしょうか。自然界に生きる以上、クロダイも警戒心を持ち合わせています。でなければ自分の身を守ることはできません。

 

しかし、他の魚と比較すると、クロダイは警戒心よりも好奇心の方が勝っているようです。海底が見える水深1m前後の浅場でクロダイがエサを漁っていたとします。静かに近づけばある程度の距離までクロダイは逃げません。グレでしたらすぐに逃げてしまいます。このように、グレと比べると警戒心はそれほど強くはありません。

 

夜釣りではライトで海を照らすのは厳禁とされています。特に、クロダイ釣りでは煙草の火を海に向けてはいけないとまで昔はいわれていました。現在では煙草の火がどうのこうという人はまずいません。煙草の火を警戒するなら電気ウキの明かりも警戒するでしょうから、夜はウキ釣りができなくなってしまいます。現実としてクロダイはまったく気にしていません。

まとめ

今回は昔から伝えられているクロダイの習性と現実との比較に終始してしまいました。次回からはビギナーがクロダイを仕留めるためのノーハウを紹介しつつ、従来のサイトがなぜ間違っているのかなども解説する予定です。また、クロダイという魚の本当の習性も実例を交えて取り上げてみたいと思います。

フィッシングギアをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

フィッシングギアをレンタルしたいという方はこちら↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly