Return to site

秋冬キャンプで大活躍。

コールマン ラウンドスクリーン

2ルームハウステント!

· アウトドア

だんだん寒さを感じるようになってきました。もう標高の高いキャンプ場では焚火やダウンジャケットが必要な季節。寒くなったらテントやタープも秋冬仕様にチェンジさせましょう。今回はコールマンの大人気ツールームテント「ラウンドスクリーン2ルームハウス」をご紹介します。

なぜ2ルームをおすすめするのか

コールマン 2ルーム

テントというと、とんがり三角の形が目立つワンポールテント、寝室のみのドームテント、そして寝室とリビングが一体化したツールームテントがあります。秋から冬にかけてはとにかく気温が低くて寒いです。オープンタープでは、ストーブなどの暖房器具を使用してもなかなか暖まりません。

そこでツールームテントの出番です。リビング部分はスクリーンタープのように、ぴったりと閉じることができるので、ストーブでしっかりと暖まります(定期的に換気はしましょう)。ストーブがない場合は、電源サイトであれば電気カーペットを敷いてお座敷スタイルにしてしまう方法もあります。

コールマン テント

お座敷スタイルの方法は簡単です。グランドシートを敷いてから、熱を逃がさないために銀マットを敷きます。そしてその上に電気カーペットを敷きます。最後に低温火傷防止と、汚れ防止のためにラグを敷きます。こうすればあっという間に暖かいリビングの出来上がりです。この上に毛布を掛けたテーブルを置けば簡易こたつにもなってしまいます。

ツールームテントがあれば、秋冬の寒い季節でも暖かいキャンプを楽しむことができるのです!

コールマン2ルームハウスの魅力

ツールームテントは各社から販売されています。スノーピーク、ogawa、ロゴス、ドッペルギャンガーなどです。その中でもコールマンのツールームテントはとても人気があり、筆者が最初に買ったのはこちらのテントでした。その理由を紹介します。

1.居住空間が広い

コールマン テント

外側から見るとそこまで大きく感じません。一般的なキャンプ場の区画サイトで、十分に設営できるサイズです。しかし、実際に中に入ってみると不思議なことにとても広く感じるのです。

リビング部分にはテーブル、椅子4脚、その他コンテナボックスなどを置いても余裕の広さです。さらに、壁部分を3面開くとさらに開放感がアップします。キャノピー(ひさし部分)を広げると、屋外にもリビングを拡大できます。

コールマン テント

寝室部分のインナーテントサイズは320×230cm。大人4名でも寝られるスペース。5人だと少しきついですね。我が家は大人2人と子供2人なので、ゆったりとスペースを使えます。寝室部分の高さは1.7mありますので、立って着替えることもできます。

2.設営が簡単

設営方法は、ポールを連結して長くしたものを、テントに差し込み自立させていきます。ポールの色と金具のカラーリングが一致するように差しこんでいけばいいので、とてもわかりやすいです。最後にペグを地面に打ち込んで固定します。コツをつかめば男性一人でも40分ほどで建てることができます。

3.3面メッシュが使える

リビングの壁部分はメッシュにすることもできます。暑い時は風通しが良くなりますし、虫の侵入を防ぐこともできます。隣のサイトに、他のキャンパーがいてもメッシュにすればあっという間にプライベート空間を作れます。

4.安価である

他社からもツールームテントは発売されていますが、たいてい10万円を軽く超える価格のものがほとんどです。コールマンのツールームなら実勢価格約4万円で購入ができます。安いからといって性能が低いわけではなく、耐水圧も2000mmありますから雨が浸水するようなことはありません。筆者もゲリラ豪雨に遭遇したことがありますが、まったく問題なく安心してテントで過ごすことができました。

Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン2ルームハウス

ツールームテントの注意点

コールマン ツールーム 注意点

良い点ばかりを強調してきましたが、ツールームテントの気を付けておきたい点も記載します。

1.真夏は暑い

リビングの壁部分をメッシュにすれば風は通りますが、やはりオープンタープと違って熱はこもりがちです。ツールームテントの実力が発揮されるのは春・秋・冬になります。

2.付属のペグ、ハンマーが使いづらい

このテントを購入すると、付属品でプラスチックのペグとハンマーが付いてきます。ただペグは軽くてなかなか地面に食い込んでいきません。別途鉄製のペグを購入した方がいいでしょう。ハンマーも重さがないためペグを打ち込みにくいです。ホームセンターで売っている安いものでもいいですから、こちらも別途購入をすると設営がスムーズになります。

まとめ

いかがでしたか?今回は定番の人気を誇る、コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウスをご紹介しました。季節を問わず使用できる利点はもちろん、秋冬には暖かいリビングで鍋料理を楽しむのもいいですね。コスパに優れた定番テントというのにも納得です。最初の入門テントとしても、これから寒い季節用に2つ目のテントとしてもおすすめできます!

ライター情報

浜田サリー

キャンプ大好きなアウトドアライター。子供を連れて休みがあればキャンプに出撃しています。ブログ「ちょっとキャンプ行ってくる。」http://chottocamp.comを運営しています。

ラウンドスクリーン2ルームハウステントをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

 

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

 

ラウンドスクリーン2ルームハウステントをレンタルしたいという方はこちら↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly