Return to site

バーベキューするなら、ユニフレームのファイアグリルを絶対におすすめしたい理由(ワケ)

· アウトドア

キャンプでの夕食はやっぱりバーベキュー!肉に魚介類に野菜・・・炭で焼くといつもより格段においしく感じます。炭火をやる時のバーベキューコンロはどういったものをお使いでしょうか?ホームセンターでは安いものなら2,000~3,000円ほどで手に入りますが、ここはユニフレームのファイアグリルという商品を強くおすすめします。どういった点が優れているのか、実際に利用している写真とともにご紹介します。

どちらにするか、悩む!

bbq

筆者は最初にバーベキューコンロを購入しようと検討した時、ホームセンターで販売されているいわゆる長方形の箱型で、長い脚が付いている安いコンロにするか、キャンパーの定番とも言えるユニフレームのファイアグリルにするかとても悩みました。価格は、ホームセンターのコンロは2,000~3,000円、ファイアグリルは6,900円です。

 

キャンプ経験者に相談したところ、「安物でも十分使えるけれども、逆に長く使えることからデザインが気に入らないなどの理由で買い替えたくなっても壊れていないからなかなか捨てられない」という意見をもらいました。確かに後でいらなくなった時にオークションで販売するにしても、ノーブランドでサイズも大きいコンロでは送料も高いし高値にもなりません。むしろ廃棄するにも自治体によっては費用がかかってしまう場合もあります。

 

そこで、長く利用することを前提に、もし途中で使わなくなった場合でも高値で販売ができるであろう、人気のファイアグリルを購入することにしたのです。

ファイアグリルの利点

実際に購入してからは毎回キャンプになくてはならない存在となりました。そのファイアグリルの利点について詳しくご説明します

1. コンパクト

bbq

薄型のコンロ部分に、網、ロストル(炭を乗せる格子状の板)、脚部分がすっぽりと収まります。非常にコンパクトなので持ち運びも楽々です。重さは2.7kgと軽量です。

2. 組み立てが簡単

組み立ても簡単です。まず4本の脚を、真ん中の金具を中心に四方に開きます。脚の先にあるツメ金具を上部に向けて開きます。そしてコンロ部分をのせて、ツメ金具をセットします。最後にロストルを入れて、焼き網をのせれば完成です。

3. 見た目のかっこよさ

ユニフレームはファイアグリルに限らず、機能美を追求したシンプルなデザインが魅力です。このファイアグリルも正方形で無駄なものを感じさせないデザインがなんともかっこいいです。シンプルかつ使いやすさも兼ね備えています。

4. 焚火台にもなる

bbq

これが最大の魅力でもあるのですが、ファイアグリルはバーベキューコンロとしてだけではなく、焚火台としても使用ができます。低くて安定感があるので重くて太い薪を入れても安心です。バーベキューで残った炭火を種火に、そのまま焚火へ移行できるのがなんとも楽です。コンロと焚火台を別々に用意するとそれだけで荷物も増えてしまうので、1台で2役こなせるのは魅力です。キャンプに行ったら、焚火は絶対にかかせません。むしろ焚火をするためにキャンプに行くようなものですから、両用ができるのはうれしいですね

5. オプション品が充実

ユニフレーム

出典:ユニフレーム

ファイアグリルにはオプション品も用意されています。例えばヘビーロストル。これは5mmのステンレス無垢棒を使用しており、抜群の耐久性があります。重いダッチオーブンをのせてもしっかりと安定して調理ができます。

ユニフレーム

出典:ユニフレーム

こちらはエンボス鉄板です。焼そばや炒め物などをすることができます。表面がぼこぼことしたエンボス加工してありますので、食材がこびりつきにくいです。

 

他にも専用サイズの収納バッグや、トングを吊り下げられるハンガーなど付属品が充実しています。

様々なバーベキューメニュー

bbq

さて、今度はファイアグリルを使用したメニューをご紹介します。一般的なのはカルビやバラ肉といった焼肉用のお肉を焼くことが多いですが、他にも様々なものを焼いてみましょう。たとえば大きなステーキ!炭火で焼くとこれがまたおいしいのです。とにかく大きいオージービーフをワイルドに焼くのもよし、たまには贅沢して黒毛和牛にして牛の旨味を楽しむのもよしです。

他にもシンプルに塩をふった焼き魚をしても。キャンプ場に近いスーパーでは鮎やニジマスを販売しているところもあります。皮はぱりっと、中はジューシーで自宅の魚焼きグリルで焼くのとはまったく違うおいしさです。

bbq

他には変わり種で、ミニトマトをくるくると豚肉で巻いたものはどうでしょう。ミニトマトは火を通すと甘くなります。豚肉とミニトマトの甘酸っぱさがマッチして何個でも食べられてしまいます。

ファイアグリルで楽しいキャンプを

いかがでしたか?今回はユニフレームのファイアグリルをご紹介しました。筆者はキャンプを始めてから毎回このグリルをキャンプの相棒として活用しています。バーベキューにもよし、じっくり焚火をするのもよしと大活躍のファイアグリル。まだまだ何年も長く付き合いたいと感じるギアです。皆さんもキャンプの際はぜひ持って行かれることをおすすめします!

ライター情報

浜田サリー

キャンプ大好きなアウトドアライター。子供を連れて休みがあればキャンプに出撃しています。ブログ「ちょっとキャンプ行ってくる。」http://chottocamp.comを運営しています。

ユニフレームのファイアグリルをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

ユニフレームのファイアグリルをレンタルしたいという方はこちら↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly