Return to site

キャンプ初心者が揃えるべき

10個のアイテム

· アウトドア

キャンプショップに行くと、あまりにも多くの種類のグッズがあって何をしたらいいかわからなくなってしまいませんか?気づくとたくさんいらないものを買ってしまったり。。キャンプを始めるとき、必要最低限のグッズをきちんと購入したいものです。

 

ここではキャンパーにとって最も重要な10個のグッズをまとめてみました。家族連れにとってはベストなグッズですが、初心者キャンパーにとっても役に立つものです。グッズはどれから揃えていってもかまいません。ゆっくりでもいいので、賢く揃えていきましょう。

1.高品質、防水テント

テントは失敗したくないところでしょう。びしょ濡れになったり、窮屈で過ごしたくはないでしょうし。テントには何人入る予定でしょうか。(4人用テントだと大人3人でちょうどいいです。)あと、テントのセットアップや片付けのしやすさも考慮しましょう。さらに、テント内で立つことができれば申し分ないです。洋服の着替えや、テント内の移動も簡単になります。もし外が大雨でテント内にこもらなくちゃいけないときも疲れません。

2.ライト

キャンプを始めたばっかりですと、大自然の夜はこんなに暗いのかと驚きますよね!自分が行くキャンプ場ではどんなライトを使うべきか、ライトの電源はどうするかなど慎重に考えましょう。

 

灯りとしてたき火をあてにするのはやめましょうね。もちろんたき火自体はいいのですが、その火の周りしか照らしません。。例えばトイレにいくときや、少しその場所から離れてしまうとき役に立たないのです。ご存知のように、ライトを選ぶ際の選択肢はたくさんあって、LED、電気、ガス、電気とガスの両方、バッテリーから選べます。自分に適したものを選ぶことが大事です。あとライトで忘れてはいけないのがヘッドランプ。家族連れのキャンパーにとっては必須アイテムです。強く光るかどうかのチェックは忘れずに。携帯電話の充電も同時にできるライトなどもあるのでいろいろな機能を比較検討してみましょう。

3.スコップ

スコップは穴を掘ったり、たき火の微調整をしたり、杭をガンガン打ったり、キャンプ場の片付けをしたり、さらにはでっかい蜘蛛をつぶしたりするのに役立ちます。茂みの中で用を足さなくちゃいけないときになんかも、スコップで簡易トイレをすぐに作れます。取っ手がある丈夫なスコップを使いましょう。いろんな用途がありますねー。

4.救急箱

キャンプに怪我はつきものです。。ストックは十分ですか?、中身はちゃんとアップデートされていますか?、虫よけスプレーは入っていますか?、バンドエイドは十分にありますか(子供がいる場合、バンドエイドはありすぎても困りません)?中身を細かくチェックしましょう。

5.寝具類

心地よい寝具を選びましょう。自分で膨らませることができるマットレスや、ストレッチャーそして寝袋。キャンプ場に適したものを選ぶのが大事です。地面の近くで寝たくない場合はストレッチャーを考慮したほうがよいでしょう。

 

けちるのはやめましょう!

 

私は冬がどんなに寒いか甘く見ていました。いまいちな寝具を使って寝ましたが、凍え死ぬかと思いました。。

6.ポータブル冷蔵庫

食べ物は冷やして保存しなくてはだめです。病気になりたくないならきちんと冷やしましょう。放熱がきちんとされているか確認しましょう。そして、氷はすぐに溶けていってしまうので、事前にプラスチックボトルにいれて冷やしておきましょう。あと子供たちは必要な時がくるまでは冷蔵庫に近づかせないようにしましょう(笑)

7.使える料理用器具

どんな料理を作るにしても、きちんと使える料理器具があることが大事です。キャンプ場に合ったいろいろな料理器具がありますが、ガスバーナーコンロは必要です。簡単で使いやすいものを選びましょう。たき火はあてにしないでください。禁止されている場所もあります。たき火での料理は楽しく盛り上がるんですけど、やはりバックアップは必要です。

8.折り畳み式テーブル

これも欠かせないグッズですね。キャンプ場によってはテーブルと椅子のセットが備え付けになっている場合もありますが、やっぱり自分たちのを持っていくほうがいろいろと使い勝手もわかるし安心でしょう。キャンプ場についたら、"ちゃんとした机は他のグループにとられてしまった"みたいなことも起きませんし。。夕食の用意や、キャンプグッズの置き場としても机は役に立ちます。

9.洗い桶

必須のアイテムではないんでは?と思っていませんか?使い捨ての物じゃない限り洗い物は絶対でてきます。スーパーマーケットにでも行けば、洗い桶は1,500円程度で買えるでしょう。汚れたものを洗うときはもちろん、汚れた手や顔を洗うとき、焚火の火を消すとき、おたまじゃくしを泳がすときにでも使えます。おしゃれなかっこいいものなんて必要ありません。お金はもっと別のところで有効に使いましょう。

10.ユーモア

すべてがスムーズにいくとは限りません。そのときはユーモアも必要ですね。

まとめ

以上キャンプに必要なアイテム10個をまとめてみました。ぜひ参考にして楽しいキャンプライフを満喫してください。

アウトドアギアをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

 

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

 

アウトドアギアをレンタルしたいという方はこちら↓

Anyble ホーム
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly