Return to site

タイ・ラノーンの温泉でリフレッシュ。飛行機やバスでの行き方を解説します

· アウトドア

「タイは何回も行っているから、いつもとは違う街に行きたいな…」

と感じている人は多いのではないでしょうか?

もしもバンコクやチェンマイなど中心地を満喫したなら、「ラノーン」という南部の街がおすすめです。温泉やマッサージなどがあり、のんびりとリフレッシュできます。

とはいえ、初めて聞く街だと、なかなか行き方もわかりませんよね。

そこで今回は、

・ラノーンについて

・ラノーンの観光スポットやホテル

・ラノーンへの行き方

・ラノーンから訪問できるほかのエリア

・ラノーン旅行の注意点

を、私が1月に訪れた経験をもとに紹介します。「知らない街って不安だな」と感じるかもしれませんが、どんな街か知るだけならハードルは高くありません。

まずはラノーンについて、ざっくりと知りましょう!

ラノーンとは、タイ南部に位置する温泉が有名な街

タイ ラノーン

ラノーンはバンコクから9時間の、南部に位置する街です。タイ人には人気ですが、日本人からはまだまだ知られていません。

ここではまず、

・ラノーンの気温と服装

・ラノーンの治安

・ラノーンの魅力(温泉)

を紹介します。

気温と服装:年間を通して暖かく、半袖で十分

タイは年間を通して暖かい国です。そしてラノーンなど南部は特に暑く、年間の平均気温は28〜31℃。日中も夜も半袖で問題ありません。

ただ、タイは室内のエアコンが強く、肌寒く感じることも。念のため、パーカーやカーディガンなどを持っておくと安心です。

ラノーンの治安:夜や人通りの少ない道の1人歩きを避ければ問題ない

ラノーン 夜 人通り

ラノーンは田舎のため、治安はそこまで悪くなく、日中に1人で歩いても問題ありません。欧米人の観光客もたくさん見かけるため、外国人が目立つこともないです。

ただし夜は人通りがほとんどなく、21時以降は静かです。そのため、人が少ないところは歩かないようにしましょう。

ラノーンの魅力は温泉

ラノーンには温泉があり、タイ人から注目を集め始めている場所でもあります。

地元民も観光客も無料で利用でき、マッサージやスパなどを受けることも可能。2〜3日滞在してのんびりするだけでも、リフレッシュできます。

そこで続いては、ラノーンの観光スポットをより詳しくお伝えします。

ラノーンの観光スポットやホテル

ここではラノーンのおすすめスポットや、実際に泊まったホテルとして、

・温泉「ラクサワーリン温泉」

・カフェ「Novem berry」

・ホテル「Rueangrat Hotel」

を紹介します。

温泉(ラクサワーリン温泉)

ラクサワーリン温泉 

ラノーンには、中心部からすこし離れたところに、温泉「ラクサワーリン」があります。

ここでは、

・足湯

・温泉(水着着用)

・岩盤浴

が利用できます。足湯と岩盤浴は無料、温泉のみ40バーツ(約140円)を支払います。

ラクサワーリン温泉 足湯

足湯部分はこのような形です。温度によって分かれており、40〜60℃と好きな温度の足湯を利用できます。

40℃の足湯に入りましたがなかなか熱く、15分ほど入って汗が出てくるほど。タオルなどは用意されていないため、自分で持っていきましょう。

ラクサワーリン温泉 源泉

こちらは源泉でかなり熱いです。地元の人の中には、持って帰る人もいました。

ラクサワーリン温泉 岩盤浴

岩盤浴は、足湯ゾーンをすこし進んだところにあります。

ラクサワーリンは、街の中心部バイクタクシーで5分ほど、20バーツ(約70円)くらいです。徒歩でも到着できますが、50分ほどかかります。

ラノーンのカフェ「Novem berry」

ラノーンは田舎のため、温泉を楽しんだあとはのんびりするのみです。しかしすぐに帰ってはもったいないので、街中を散策してみましょう。

ラノーン カフェ Novem berry 

散歩しているときに見つけたカフェ「Novem berry」が、おしゃれで人も少なくて落ち着けました。

ラノーン Novem berry テラス

店内はテラスのようになっており、風通しが良いです。

ラノーン Novem berry カフェラテ

この日はカフェラテを注文しました。値段は50バーツ(約175円)と、バンコクなどの中心地とほとんど変わりません。

ラノーン Novem berry 化粧品

店内では写真のように、ワンピースやポーチ、化粧品なども販売しています。

ここは欧米人の女性が経営しているカフェで、英語も通じます。またWi-Fiが設置されていて、動画が見れるほど早いスピードでした。Wi-FiルーターやSIMカードを持っていなくても安心ですね。

場所:「Ruangrat Road」という大きい通りの真ん中ほど。隣には美容院、向かいには韓国系のかき氷屋さんあり。

ラノーンで宿泊したホテル「Rueangrat Hotel」

ラノーン ホテル Rueangrat Hotel

今回はbooking.comで見つけたホテルに宿泊しました。

ダブルルームが1泊2,415円。室内にはシャワーとトイレも完備、冷蔵庫には毎日ミネラルウォーターが補給されていました。清掃も毎日入るため、連泊でも安心です。

ラノーン ホテル Rueangrat Hotel 室内

・洗濯(値段は1kg単位で計測)

・空港までの送迎サービスあり(無料)

・お菓子とコーヒーの提供あり(無料)

ラノーン ホテル Rueangrat Hotel 共有スペース

共有スペースもあります。

先ほど紹介したカフェ「Novem berry」の、斜め向かいにあります。

ラノーンからミャンマーにビザなしで観光できる

ここまでラノーンの街中にある観光スポットを紹介しました。実はラノーンからは、ミャンマーに入国も可能です。

小舟で1時間ほどの場所に、ミャンマーの「コートーン」があります。ここは日帰りで帰国するなら、ビザが必要ありません。

条件や注意点は、以下の通りです。

・ミャンマー側の国境で、ビザなしの「エントリー・パーミット」を発行してもらうこと

・17時までにタイ側イミグレーションに到着しておくこと

・ミャンマーの別都市への移動はできない

またコートーン側でタイバーツの両替ができないことがあるため、アメリカドルを用意しておくと安心です。

ただしミャンマーは2018年10月から、日本人に対してビザが免除される予定です。そのため今後は、10月までにラノーンを訪問する方のみ覚えておいてください。

ここまでラノーンの観光スポットやホテルを紹介しました。少しずつ、ラノーンが気になってきたのではないでしょうか?

そこで次は、ラノーンまでの行き方を紹介します。

ラノーンへの行き方は、バスと飛行機が利用できる

ここでは、

・バンコクからラノーンへの行き方(バスと飛行機)

・プーケットからラノーンへの行き方(バス)

を紹介します。

バンコクからラノーンまで:バスと飛行機

私はバンコクとラノーンを往復しましたが、行きは夜行バス、帰りは飛行機を利用しました。

【バス】

サイタイマイ(南バスターミナル)

サイタイマイ(南バスターミナル)からバス会社「ソンバットツアー」を利用します。料金は470バーツ(約1,645円)。20時半出発で、翌朝4時半頃ラノーンに到着です。

【飛行機】

ノックエアー(nok air)

ノックエアー(nok air)を利用。

・バンコクからラノーン:6:05発、7:30着。もしくは11:40発、13:05着。

・ラノーンからバンコク:8:00発、9:30着。

ホテルから空港までの送迎は、ノックエアーのバスが迎えにきてくれました。

飛行機はエアアジアも利用できます。

・バンコクからラノーン:11:40発、13:05着。

・ラノーンからバンコク:13:35発、15:05着。

航空券は2,200円から購入できます。ただしLCCのため、スーツケースなど受託手荷物の料金は含まれていません。追加で3,000〜5,000円ほど必要で、私は9,900円ほどかかりました。

プーケットからラノーンまで

リゾート地のプーケットから、バスも利用できます。

急行で6時間ほど、料金は270バーツ(約945円)。朝6時から運行しています。

プーケットから飛行機も利用できますが、バンコク経由のため直行便ではありません。遠回りになるため、バスがおすすめです。

最後に、ラノーン旅行の注意点をお伝えしますね。

ラノーンに行くときの注意点
ラノーン 早朝 人通り

ラノーンに夜行バスで向かう場合、“到着時間”には注意しましょう。バスは早朝4時に到着するため、人通りはほとんどありません。

乗客は地元の人ばかりのため、バイクタクシーなどはそちらを優先的に乗せてしまいます。

そのためタクシー選びには注意が必要です。私は運良く1台見つけられましたが、タイミングや乗客の量によっては、徒歩で移動することになるかもしれません。

心配なら、ラノーンへは飛行機の方が安心です。空港からであればタクシーが利用できる上に、到着は日中です。日付が変わる前にホテルへ到着できます。

夜中の到着には十分注意してくださいね。

まとめ:ラノーン旅行で温泉に入ってリフレッシュしよう!

今回はタイの南部にあるラノーンを紹介しました。

ラノーンは温泉が有名な街です。治安も良く、日中であれば1人歩きも問題ありません。

おすすめの観光スポットとして、以下3つを紹介しました。

・温泉「ラクサワーリン温泉」

・カフェ「Novem berry」

・ホテル「Rueangrat Hotel」

温泉は足湯と岩盤浴であれば、無料です。リフレッシュしたあとに、カフェでのんびりコーヒーでも飲みましょう。

ラノーンへは夜行バスと飛行機が利用できますが、飛行機の方がおすすめです。料金は少し高くなりますが、到着時間が日中のため明るい内にホテルに到着できます。

注意点など理解した上で、ラノーン旅行を楽しんでくださいね。

ライター情報

モリキアユミ

元バックパッカーのWebライターです。海外情報や海外旅行で役立つガジェットに詳しいです!

→ブログURL http://ayumiiin345.hatenablog.com/

タイ ラノーン旅行に必要なモノをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

タイ ラノーン旅行に必要なモノをレンタルしたいという方はこちら↓

エニブル アプリ
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly