Return to site

秋冬キャンプを暖かく過ごすための暖房グッズ6選!

· アウトドア

今年は秋がなく、あっという間に冬になってしまいそうな気候が続いていますね。キャンプシーズンももう終わり・・・それはもったいないです。秋から冬にかけては一般的にはオフシーズンになりますが、秋冬ならではの良さがあるのです。キャンプ場は標高が高いところが多いですから、万全の暖房グッズを用意するのも大切です。今回は、秋冬キャンプで暖かく過ごすためのグッズをご紹介します。

秋冬キャンプの魅力とは?

暖房器具を用意してまで、キャンプに行きたくなる秋冬キャンプの魅力とはなんでしょう。

人が少ないので静かに過ごせる

春夏と違って、寒い季節はキャンパーも少なくなります。ここ数年のアウトドア人気で、夏の土日はお隣にすぐ他のテントがあるような状態も。秋冬キャンプでは、サイトをのびのびと広く気兼ねせずに、ゆったりと過ごすことができます。

虫が少ない

夏場は蚊、ブヨ、アブ、蛾など虫がたくさんいます。虫よけスプレーや、蚊取り線香で対策してもやはり刺されてしまうこともあるものです。秋冬はぐっと虫が少なくなりますから快適に過ごせます。虫が苦手な女性もキャンプに連れ出しやすいですね。

空が澄んでいる

秋冬は空気が澄んでいるために、夜は星空がきれに見えます。都会と違って、星空を楽しめるのはキャンプの魅力ですね。星だけではなく、富士山や景色もきれいに楽しむことができます。

キャンプにおける暖房グッズ

それでは、キャンプで使える暖房グッズをご紹介していきます。

1.湯たんぽ

湯たんぽ

出典:Amazon

電池も火も不要で手軽に使える、昔からの暖房グッズ湯たんぽです。ブリキのもの、プラスチックのもの、シリコンのものなど種類も豊富です。お腹や腰などの体幹部、太ももや二の腕の筋肉部に当てることで、効果的に手足の先までぽかぽかになります。寝袋で寝る時にも安心して使えますね。

2.カイロ

こちらも電池なしで使える手軽なグッズです。貼るタイプもありますから、湯たんぽとは違い行動中にもおすすめです。おすすめの貼る場所は、首の後ろ、腕の付け根、肩甲骨の間、下腹部、腰、腰です。足先が冷たい時には、靴専用のカイロを使用してもいいですね。低温やけどの可能性がありますので、就寝時の使用は控えましょう。

3.ストーブ

ストーブ

出典:Amazon

秋冬キャンプでの暖房グッズの定番ともいえるストーブ。使う燃料によって、いくつか種類があります。薪を使う薪ストーブはいかにもアウトドアといった雰囲気もあり、一番暖かいです。ストーブの上で調理もできます。ただかさばる薪を準備する必要があること、定期的なメンテナンスをすることが必要になります。

石油ストーブもキャンプではよく利用されます。スクリーンタープ内やテント内に設置すれば、暖かく過ごすことができます。灯油も手軽に手に入りますし、コストパフォーマンスがいいです。ストーブの上に鍋をおけば調理も可能です。フジカ、トヨトミ、アラジン、武井バーナーなどが有名なメーカーです。

燃料として一番手軽なのはカセットガスです。コンビニでもガスは入手できますし、持ち運びも軽くて楽です。難点は火力がやや弱いこと。目の前にいる人は暖かいですが、全体を暖めるには少しパワー不足が否めません。あと、カセットガス1缶で、約3時間くらいしか持ちませんのでガスをまめに交換する必要があります。イワタニやニチネン、ユニフレームといったメーカーから発売されています。

ストーブは火を使いますから、定期的な換気が必須です。テント内で使う際は自己責任となります。必ず一酸化炭素検知器を用意して、安全に使いましょう。

4.ホットカーペット

電源サイトであれば、ホットカーペットもいい方法です。我が家でも3畳のタイプを利用しています。グランドシートの上に銀マットを敷いて、その上にホットカーペットを敷きます。さらに低温やけど防止のためにラグを敷くといいでしょう。火を使いませんから、子供がいても安心ですし、一酸化炭素中毒を気にする必要もありません。

5.セラミックヒーター

セラミックヒーター

出典:Amazon

こちらも電源サイトであれば手軽に使えて便利なグッズです。温風が出ますので、すぐに暖かさを感じることができます。また、セラミックヒーターがなくても、布団乾燥機を使って暖めるというキャンパーもいますので真似をしてみてもいいかもしれません。ヒーター類は乾燥しますので、濡れたタオルを掛けておくなどの工夫が大切です。また、電源サイトは1000Wまでしか電力を使えない制限があるキャンプ場が多い物です。セラミックヒーターの消費電力には注意しましょう。

6.たき火

たき火

屋外のみになってしまいますが、やはり外せないのがたき火です。たき火することで体も暖まりますし、なにより揺れている炎を見ることで安らぎを感じます。寒い時期は早い時間からたき火をしてもいいですから、春夏より多めに薪を用意しておきましょう。

暖房グッズで、秋冬キャンプを楽しもう!

いかがでしたか?今回はキャンプで使える暖房グッズをご紹介しました。手軽に取り入れられる湯たんぽから、ホットカーペット、ちょっとハードルが上がるけどとても暖かいストーブまで、ご自身のキャンプスタイルに合わせて選んでみてくださいね。暖かくして、秋冬もキャンプを満喫しましょう。

ライター情報

浜田サリー

キャンプ大好きなアウトドアライター。子供を連れて休みがあればキャンプに出撃しています。ブログ「ちょっとキャンプ行ってくる。」http://chottocamp.comを運営しています

アウトドアギアをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

アウトドアギアをレンタルしたいという方はこちら↓

Anyble ホーム
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly