Return to site

アウトドアにマルチツールは必須!

ビクトリノックスをご紹介

· アウトドア,フィッシング

マルチツールはお使いですか?使い勝手が良く、アウトドアシーンではかなり活用できます。そこで今回は、マルチツールの活用方法やおすすめのマルチツールをご紹介します

マルチツールって一体なに?

マルチツール

マルチツールとよく聞きますが、どんなものかご存知ですか?マルチツールは、十徳ナイフやアーミーナイフとも呼ばれており、ナイフやハサミ、缶切りドライバー、ペンチなどの機能が一つになったツールのことを言います。

 

必要最小限のサイズになっており、持ち運びに便利です。さまざまな種類のマルチツールがありますが、その中でも、ナイフに特化しているものや、ペンチに特化しているものがあります。

 

ものによっては、33種類の機能を持ったマルチツールなどもありますよ。

マルチツールの選び方

マルチツールの選び方として、「デザインがカッコ良いから」という理由で選んでいる人もいますが、おすすめしません。カッコ良いからとマルチツールを購入しても、結局使わないことになるかもしれないからです。

正しい選び方としては、「どんな機能を自分が使うのか」というところです。キャンプに持って行くのであれば、キャンプで使う機能を厳選することです。確かにたくさんの機能がついている方が、カッコよく感じます。しかし、マルチツールは使うことで初めて役に立つのです。

どんなシーンでどんなツールが使えるのかなど、ご自身がいつも行なっているアウトドアシーンを思い出しながら、厳選すると良いでしょう。

アウトドアに使う機能は?

例えば、マルチツールに端子つぶしやメガネドライバーの機能がついていても、お家の中では使うかもしれませんが、アウトドアではあまり使いません。アウトドアシーンで考える場合は、ナイフやハサミ、ピンセット、マイナスドライバー、缶切り、せん抜き、のこぎりがあれば十分ですよ。

 

サバイバルキャンプを行なうような人は、より機能がついているマルチツールを選ぶと良いでしょう。

マルチツールの活用方法

キャンプ たき火

マルチツールを持っていても、実際にどんな場面で使うのか想像できない人は、必見です。具体的なアウトドアシーンをご紹介します。

キャンプシーンのときは?

キャンプ 高山

アウトドアシーンにおいて、使われる頻度の高い機能は、ナイフです。例えば、キャンプ料理を作るときに、包丁を忘れてしまった場合、マルチツールが役立ちますよ。マルチツールの大きめのナイフを使えば、食べ物もスッと綺麗に切ることができます。その他にも、なにかを切ることがある場合にも使えます。

 

キャンプシーンで、ブルーシートとロープがあれば、急な大雨でも、即席タープを作ることができます。タープを作ることで、雨から体を守ることができます。しかし肝心なタープを作るとき、ロープを切るツールがなければ、タープを作ることができません。そんなときにマルチツールは、役立つこと間違いなしです。

 

キャンプ中に子どもと一緒に遊んでいるとき、いつの間にか、手に木のトゲが刺さってしまった!そんな経験はありませんか?手に刺さったトゲを抜くのに、ピンセットが役立ちます。ピンセットを使うことで、木のトゲをしっかり挟み、抜くことができます。

 

太いロープを切って使うときは、マルチツールの中でも、のこぎりがあると便利ですよ。

釣りのときには?

釣り

釣りに行く人も多いと思いますが、釣りのシーンでもマルチツールは役立ちます。

 

釣り糸を切るときに、引っ張って切ることもできますが、糸で手を切ってしまう可能性があります。そんなときに、マルチツールのナイフやハサミを使いましょう。簡単に釣り糸を切ることができ、ストレスを感じることがありません。

 

釣れた魚の内臓を、その場で取り出すときにも、マルチツールは役立ちます。

マルチツールの代表ブランド『ビクトリノックス』

マルチツール ビクトリノックス

マルチツールの中でも男女問わず人気があるのが「ビクトリノックス」のマルチツールです。ビクトリノックスは、シンプルなものからおしゃれなものまで、豊富に取り揃えています。

ビクトリノックスについて、ご紹介します。

ビクトリノックの歴史

1884年にスイスのイーバッハで、カール・エルズナーと彼の母親であるビクトリアが開業した工房から、ビクトリノックスの歴史は始まります。カール工房の人気が出たキッカケは、スイス陸軍に造った「ソルジャーナイフ」です。スイス陸軍からの評価がとても高く、それまでは違う工房から納入していましたが、カール工房へ変更したのです。

 

1909年に、支えてくれていたビクトリアが他界し、敬愛を込めてブランド名(商標)を「ビクトリア」にします。同じ年に、類似品が多く出回ったので、赤いハンドルにスイスの国章を登録し、ビクトリノックスのトレードマークになりました。

 

1921年に、商標の「Victoria」とステンレススチールの国際的な名称「inox」を組み合わせ、現代で人気を誇っている「Victorinox(ビクトリノックス)」が誕生しました。

 

現在にかけて、ビクトリノックスでは、マルチツール以外にも、家庭用・プロフェッショナル用ナイフやウォッチ、トラベルギア、フレグランス、ウエアなどを展開しています。

おすすめ!ビクトリノックスのトラベラー

ビクトリノックス トラベラー

アウトドアシーンの中でも、キャンプが多い人にオススメするのが、ビクトリノックスから発売されている「トラベラー」です。このマルチツールは、全部合わせると14機能がついております。

 

よくキャンプで使えるツールは、大きいナイフと小さいナイフ、ハサミ、コルク抜きです。つまようじも付いていますので、果物などを切り、つまようじを使って食べることもできます。なによりマルチツールの大きさが、手に収まり握りやすいので、比較的手の小さい女性でも簡単に扱うことができます。

 

トラベラーには6種類のデザインがありますので、ご自身好みのデザインを選ぶことができます。キャンプはもちろん、日常的にも使うことができますよ。仕事や旅行などさまざまなシーンで活用できます。

ビクトリノックス・マルチツールのご紹介

ビクトリノックス マルチツール

ご紹介しましたトラベラー以外にも、さまざまな種類のマルチツールが発売しています。おすすめのマルチツールを5アイテムご紹介します。気になるアイテムがある人は、チェックしてくださいね。

ハントマン PD

ハントマンPDは、トラベラーの次におすすめするマルチツールです。基本の機能はトラベラーと変わりませんが、+のこぎりがついています。日常生活はもちろん、ガーデニングのちょっとした作業にも使うことができます。

 

アウトドアシーンで木を切るときなどにも、重宝できますね。

Expedition Kit

Expedition Kitは、トラベラーの機能プラス、コンパス付き物差しや温度計などといった実用的なツールがセットになっています。コンパスがついているので、本格登山をしている人はもちろん、キャンプなどリラックスしたシーンでも使えますよ。ビクトリノックスのロゴ付ケースに全て収納でき、持ち運びに便利なところもポイントです。

エボウッド 17

エボウッド 17はビクトリノックスのロゴが刻印された木製のハンドルが特徴です。ハンドル部分が木製なので、おしゃれなデザイン、そして温かみを感じることができます。使うほど、ご自身だけの味のあるマルチツールに変身しますよ。

ソルジャーナイフ

スイス陸軍に造られた「ソルジャーナイフ」の最新版がこちらです。一層丈夫に作られており、なおかつ軽量化、機能性が高くなっております。10機能がついており、デュアルコンポーネントハンドルを採用しているので、滑りにくくなっているのが特徴です。次なる「100年愛され続けるモデル」とも言われております。カッコ良いデザインを求めている人に、おすすめできるマルチツールです。

クラシック

ナイフとハサミがついている最小限のマルチツールを求めている人におすすめなのが、クラシックです。このクラシックは、ビクトリノックスの創業後、発表した「オフィサーナイフ」を原点としているモデルです。主な機能としては、ナイフ、ハサミ、爪掃除、爪ヤスリ、キーリング、つまようじ、ピンセットの7機能がついております。長く使い続けることができる機能が搭載しております。

マルチツールは不用意に持ち歩かない

マルチツールを購入したあと、嬉しくてついつい持ち歩いてしまう。そんなことはありませんか?正当な理由や目的があって、持ち歩くのであれば、問題はありません。しかし正当な理由や目的もなく持ち歩いてしまうと、銃刀法違反に当てはまる可能性があります。

日本では刃渡りが6㎝以上のマルチツールの場合、銃刀法違反に該当する可能性があります。もちろん、6㎝以下のものだからと言って、常に持ち歩いていると、軽犯罪法に触れる可能性がありますので、注意が必要です。

なにより、キャンプやアウトドアへ行く目的がない場合は、持ち歩かないようにしましょう。

マルチツールは機内への持ち込みができない

飛行機

旅行へ行くときに、マルチツールを持って出かける方もいると思いますが、飛行機への持ち込みができないのはご存知ですか?テロやハイジャックの恐れがあるためです。では、旅行先に持って行けないのかというと、そうではありません。機内に持ち込まない荷物の中に入れることで、旅行先へ持って行くことが可能です。

 

しかし、航空会社によって規定が異なることが考えられます。事前に利用する航空会社のホームページなどで、しっかりと確認しましょう。

マルチツールはアウトドアシーンに最適

キャンプ 夜

マルチツールはさまざまな用途に合わせて使うことができます。マルチツールを選び方や使い方、マルチツールの中でも代表的なブランドのビクトリノックスについて、おすすめのマルチツールをご紹介しました。ご自身が使いやすいマルチツールを選ぶことで、長く愛用することができますよ。

ライター情報

高松 未樹

フリーライターとして活動。主にアウドドア/バックカントリー/オフロードバイク/船舶/キャンプに関する記事を執筆。

Twitter:https://twitter.com/mi_916510

マルチツールをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

マルチツールをレンタルしたいという方はこちら↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly