Return to site

おすすめスーツケースブランドを徹底比較!レンタルするならどれ?

· バッグ、スーツケース

スーツケースのブランドにはこだわっていますか?出張で何回も使うから、たくさんブランドがあってどれも同じだからと、なんとなく選んでいる方も多いかと思います。

 

しかし、スーツケースはブランドによって特徴が異なります。また、製品ひとつひとつでも軽量に特化しているものやデザインにこだわったものなど、機能も違います。

 

今回は、世界的に有名なリモワ、サムソナイト、エースのスーツケースの特徴やおすすめ製品を比較しました。

リモワは軽量で持ち運びやすいブランド
リモワ スーツケース

出典:Amazon

リモワの特徴や、おすすめスーツケースの〝サルサエアー〟をご紹介します。

リモワの歴史

リモワは、ドイツのブランドです。1898年、ケルン出身であるポール・モルシェックが木製のスーツケースを作ったことがブランドの始まりです。軽量性と安全性に特化して作られたことで、旅行する人が増え始めた1920年代には人気のスーツケースとなりました。

 

そして、1937年にはポールの息子・リチャードによってアルミニウム製のスーツケースが開発されます。アルミニウム製のスーツケースは、後にリモワのアイコン商品となるものです。さらに改良が重ねられて、最終的には平行線の模様の入ったスーツケースが生まれます。平行線がリモワのオリジナルデザインとなり、ほとんどすべての商品の共通事項となりました。

 

その後も改良を重ねて、軽量化と安全性を大事にし続けているスーツケースブランドです。

スーツケースの特徴は軽くて安全

リモワの特徴は、軽量性と安全性の高さを考えて改良され続けてきた点にあります。特に、軽量化は素材からこだわって作られています。

 

リモワは2000年に、スーツケース業界で初めて「ポリカーボネイト」を使用しました。ポリカーボネイトは、プラスチックで耐衝撃性の高い素材であり、その強度はガラスの約200倍と言われています。アルミニウムよりも軽いため、航空機や自動車で使われていました。このポリカーボネイトの使用によって、「重い」というスーツケースのイメージが変わりました。

 

また、サイズの種類が豊富です。下は11Lから、上は100L近い容量まで販売しています。

リモワ サルサ エアー

サルサエアーは、軽量化に特化して作られたシリーズです。ポリカーボネイトを使用して作られており、軽いにもかかわらず衝撃にも強く作られています。重量はスーツケース本体のみで1.9kg、アルミニウム製は4kg近くあるものも多いため、半分以上の軽量化に成功しています。本体が軽いだけで、飛行機の荷物制限を気にする手間が省けます。

リモワはサイズの種類が多いですが、2泊3日程度の出張であれば30L前後で十分です。

【商品詳細】

RIMOWA SALSA AIR ULTRALIGHT CABIN MULTIWHEEL(¥54,000)

H(高さ)55 X W(幅)40 X D(奥行き)20 センチ

重量 1.9 KG・容量 33.0 L

サムソナイトは世界的なブランド
サムソナイト スーツケース

出典:Amazon

サムソナイトの特徴や、おすすめスーツケース〝コスモライト〟シリーズをご紹介します。

サムソナイトの歴史

サムソナイトはアメリカのコロラドで、1900年代に小型カバンの製造からスタートした100年以上の歴史を持つブランドです。

 

はじめは、どんな過酷な旅(アメリカのゴールドラッシュ)にも耐えられる頑丈なカバンを目指して作られました。そして、世界大戦直前の1941年、新製品サムソナイト ストリームライトを開発し、販売します。ストリームライトは頑丈さと軽量化に特化して作られました。見た目が木製で安価にもかかわらず、本革に見えることから人気となり、サムソナイトというブランドが確立します。

 

それから、ジェット機や飛行機での旅行が普及するにつれて「新しい旅行カバンが必要だ」と創始者は考えます。そして、マグネシウムを使用した〝ウルトラライト〟を開発し、1965年には世界的に有名なブランドとなります。

 

その後、ソフトタイプのスーツケースや、ヨーロッパ人向けにハードタイプのスーツケースの開発にも力を入れるようになります。そのようにして、現在のような「スーツケースといえばサムソナイト」と言われる世界的なブランドになりました。

サムソナイトはソフトケースでも頑丈

サムソナイトの特徴は頑丈であることです。理由はCurv(カーヴ)という素材にあります。

カーヴは耐久性と軽量化に特化した素材です。もともとはプラスチック(合成樹脂)で作られているため、かなり軽いです。加えて、カーヴはポリカーボネートよりも耐久性が高いと言われており、気温が低くなる上空の飛行機でも歪みにくい素材です。そのため、軽くて頑丈なスーツケースが実現しています。カーヴは現在、サムソナイトが独占している素材です。

サムソナイト Cosmolite Spinner55(コスモライト スピナー55)

サムソナイトのコスモライトシリーズは最も軽いスーツケースです。重量は1.7kg(スピナー55の場合)で、「指1本で持ち上げられる」というキャッチフレーズがつくほど軽いです。

コスモライトにも、サムソナイト独占素材であるカーヴが使用されています。カーヴは水よりも軽いと言われているポリプロピレンを、何重にも重ねている構造になっています。そのため、どれだけ重ねても軽く、頑丈さは高くなっていきます。

容量は36Lあるため、2泊程度ならば十分荷物は入ります。

【商品詳細】

Cosmolite Spinner55(¥ 61,560)

W(高さ)40×H(幅)55×D(奥行き)20(cm)

重量 1.7kg・容量 36L

エースは日本製のスーツケースブランド
エース スーツケース

エース社の歴史や特徴や、おすすめスーツケースの〝ace.〟をご紹介します。

エース社の歴史

エース社は、日本のスーツケースメーカーです。もともと1940年に、大阪で新川柳作がカバン製造業を始めたことが原点です。1953年に東レナイロン製のカバンを製造し、売れたことがきっかけで広まりました。汚れが落ちやすいことが革新的だと言われ、「バッグの一大革命」とも言われました。

1958年、代表の新川が世界中のカバン業界視察のために、旅に出ます。その中でシュワイダーブラザーズ社と出会い、1964年からシュワイダーブラザーズ社からスーツケースの輸入販売を行うようになりました。

その後、「日本人が使いやすいスーツケースを作る」という目標を掲げます。ビジネスバッグなども作りながら、2004年にスーツケース〝プロテカ〟を発表し、日本製らしい高品質を実現しました。その後も、イタリアや香港、マレーシアといった世界各地に各支店を作っています。

エース社のace.は日本らしいこまやかなデザインが特徴

ace.は日本らしい、こまやかでしなやかなデザインが特徴です。そのため、製品はどれもコンパクトさを感じられるデザインで、製造に職人技を採用することも多いです。

 

特に、キャスターにはこだわって作られています。静かな音で転がるように、「ベアロンホイール」というなめらかに静かに転がせるホイールを搭載しました。そのため、ガタガタといった音がしにくいスーツケースがたくさん販売されています。

ace. Ripple-Z(エース リップルZ)

ストッパー付きの双輪キャスターを搭載したハードスーツケースです。音の発生を防ぐだけでなく、どんな方向にも向くことができるキャスターになっています。また、本体には耐久性の高いポリカーボネートが使用されており、頑丈です。そのため、歪みにくく、きれいな本体のまま使用できるようになっています。

【商品詳細】

ace. Ripple Z(¥28,080)

H(高さ)47× W(幅)33× D(奥行き)25cm

重量 3.2kg・容量 35L

スーツケースはある程度値段の高いものを
スーツケース 高価

スーツケースはある程度値段の高いものの方がおすすめです。というのも、1万円以下のスーツケースは耐久性に欠けており壊れやすいと言われているからです。

 

旅行用スーツケースであれば、年に1、2回程度使用する方がほとんどです。年に数回使用しても5年以上は使用できます。

 

しかし、ビジネスで使用するとなると使用頻度が大きく変わります。出張が多い方であれば、月に1、2回スーツケースを使用するという方も多いでしょう。使用頻度が多い場合、数ヶ月もすると壊れるスーツケースもあります。飛行機での低い気温や気圧に耐えられず歪んでしまう、傷が多くなって見栄えが悪くなります。

 

そのため、使用頻度の高い人ほどスーツケースの値段は高いものを選ぶことをおすすめします。値段が高いと素材に耐久性の高いものが使用されており、結果的に何年も使用することができます。買い換えるよりは、ずっと経済的です。

 

もしも5万円前後のスーツケースの購入が難しいということであれば、レンタルがおすすめです。購入よりは金額が安くおさまるため、高品質のスーツケースを使用することができます。また、どれを買おうか迷っている方にはレンタルがおすすめです。レンタルで各ブランドを試してみて、使い心地を実感してから購入すると、買い物の失敗を防ぐことができます。

 

高品質のスーツケースを、まずはレンタルで一度使用してみましょう。

まとめ

出張や旅行で使用できるスーツケースですが、ブランドが何種類もあります。どれを買おうか考えるだけでも大変ですよね。スーツケースはリモワ、サムソナイト、エースが世界的に有名で、おすすめのブランドです。

 

それぞれ特徴は異なりますが、スーツケースを選ぶ際は値段が1万円以上のものを選びましょう。値段が高いほど素材にこだわっており、頑丈です。もしも購入が難しいときはレンタルで一度使用してみるのがおすすめです。

ライター情報

モリキアユミ

元バックパッカーのWebライターです。海外情報や海外旅行で役立つガジェットに詳しいです!

→ブログURL http://ayumiiin345.hatenablog.com/

スーツケースをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

 

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

 

スーツケースをレンタルしたいという方はこちら↓

エニブル アプリ
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly