Return to site

「タイ・バンコクへ初めての一人旅!食事や観光など格安旅のコツとは?」

· Others

「初めての海外への一人旅、不安も多い……」

 

と感じている人は多いのではないでしょうか?

 

慣れない土地で1人となると、トラブルなどが起こりそうで不安を感じますよね。

 

初めての一人旅にはタイがおすすめ。首都のバンコクであれば、「日本から近い」「物価が安い」などの理由から、1人でも安心して旅行できるのです。

 

とはいえ、初めてだと食事場所や移動手段など、なかなかわかりにくいものですよね。

 

そこで今回は、私が1月にタイ・バンコクを訪れた体験をもとに、4泊5日で旅行した場合のスケジュール例をお伝えします。

 

・タイのバンコクまでの移動

・タイ滞在中の観光や食事

・バンコクを楽しむための注意点

 

など、一人旅に欠かせない情報ばかりです。この体験記を読んで、一人旅への不安がすこしでもなくなれば幸いです。

バンコク格安一人旅1日目:スクートの飛行機でタイへ
スクートの飛行機でタイへ

まず関西国際空港からのフライトは、LCCのスクートを使用しました。

関西からタイへのフライトは、

・スクート:18:05発 21:55着

・エアアジア:23:55発 3:50着

がおすすめです。どのフライトも片道の平均が1〜2万円と格安。どちらのフライトも“ドンムアン空港”行きです。

「深夜の到着で不安……」という方も、心配ありません。バンコクの空港には、何時でも利用できるタクシーや空港直結のホテルもあるため、深夜の到着でも安心です。

バンコク市内まではバスと電車で移動すれば安い

バンコク市内

空港からバンコク市内までは、

・公共バスと電車

・タクシー

・専用バス

の3つから選んで移動できます。

最も安い方法は“公共バスと電車”です。

空港の5番出口を出ると、すぐに公共バス乗り場があります。そこで、「A1」か「A2」と表記のあるオレンジのバスに乗ってください。

そのバスで“モーチット駅前”に到着したら、そこから

・BTS(スカイトレイン)モーチット駅

・MRT(地下鉄)チャットチャック駅

のどちらかを使って移動しましょう。

スクンビット駅やアソーク駅がバンコクの中心部で、ホテルも多いエリアです。ホテルに到着したら、1日目はしっかりと休みましょう。

バンコク格安一人旅2日目:王宮やナイトマーケットを観光

2日目はバンコク市内を観光しましょう。バンコクの定番の観光スポットといえば、

・ワットポー

・カオサンロード

などです。

また最近は、“ワット・パクナム”というお寺が人気です。お寺の天井に描かれた絵が「宇宙みたい!」とInstagramなどSNSで大人気です。

ワット・パクナム 天井の絵

ワット・パクナムへは、以下の方法で到着できます。

①MRTウタカート(Wutthakat)駅まで移動する

②そこから駅前のバイクタクシーでお寺まで移動

そのあとは夜からナイトマーケットに向かいましょう!「タラートロットファイ(別名:ラチャダー鉄道市場)」は、特におすすめ。

タラートロットファイ(ラチャダー鉄道市場)

「ビンテージ」や「レトロ」をテーマにしており、今までのナイトマーケットとは違った、おしゃれに食事や買い物できる雰囲気が漂っています。

バンコク格安一人旅3日目:アユタヤまで遺跡の見学へ
アユタヤ遺跡

3日目は、すこし足を伸ばして「アユタヤ遺跡」を訪れましょう。

アユタヤはもともと王朝があった場所。たくさんの遺跡を見ることができますが、中でも写真にある「顔だけの遺跡」は特に有名です。

アユタヤ 顔だけの遺跡

バンコクからアユタヤまでは、以下の方法で移動できます。

①フアランポーン駅で鉄道のチケットを購入(40バーツ=約130円)。

②1〜2時間ほどで到着。

③街中で自転車をレンタルして、アユタヤ遺跡を回る。

短時間で遺跡を見ることができるため、短期の旅行でも十分楽しむことができます。

バンコク格安一人旅4日目:帰国までゆっくり買い物しよう

バンコク市内で買い物

最終日はバンコク市内で買い物をしましょう。

お土産を購入するときは、

・エンポリウム

・チャトゥチャックウィークエンドマーケット

がおすすめです。ウィークエンドマーケットは週末しか開催されていませんが、タイのかわいい雑貨などがたくさん売られています。

またお菓子などは、現地のスーパーマーケットで購入しましょう。ドライマンゴーなどが約240〜300円で購入できます。

バンコクへの一人旅、予算は8〜10万円と格安
バンコク一人旅 イメージ

バンコクへの一人旅の予算は、約8〜10万円です。

内訳は以下の通りです。

【飛行機】24,000円(片道約12,000円)

【ホテル代】約20,000円(1泊につき約5,000円)

【食費】約8,000円(1日につき約1,000円・1日だけ高級レストランで3,000円のディナー)

【交通費】約2,800円

【SIMカード費】5日間で約1,500円

【お土産代】約1〜2万円

もうすこし高級なホテルに泊まる、現地ツアーに参加するとなると15万円ほどが必要です。それでも20万円以内で、たっぷりと遊ぶことができます。

特にタイは、食事が格安です。

タイ料理 パッタイ

写真のタイ料理「パッタイ」は、1皿あたり約150〜200円です。ローカルなレストランに抵抗がなければ、1食あたり300円以内におさめることができます。

バンコク一人旅に必要な持ち物:パーカーやポケットティッシュ
バンコク一人旅 イメージ

バンコクへの旅行では、以下があると便利です。

・パーカーなどの上着

・ポケットティッシュ

・貴重品が入る小さいウエストポーチなどのカバン

タイではどの建物も、冷房がかなり効いています。そのため半袖では「寒い」と感じることも。パーカーやカーディガンなど、上着があると寒さ対策ができます。

さらにタイではトイレットペーパーがない場所もあります。ポケットティッシュを3〜4個持っておくと、万が一トイレットペーパーがなくても問題ありません。そして財布など、貴重品をまとめるカバンを持っておくと、盗難対策にもなります。

初めての一人旅でも、しっかりと準備することでトラブルなどは防止できます。この記事を参考にしながら、初めての一人旅にそなえてくださいね。

まとめ:バンコクへの格安一人旅は、準備をすれば安心

今回はタイ・バンコクへの格安一人旅の体験記を紹介しました。

バンコクへ行くときは、

・スクート

・エアアジア

などのLCCがおすすめです。時期にもよりますが、1〜2万円の航空券を購入でき、移動に高額な費用が必要ありません。

バンコクに行ったときは、

・【お寺】ワット・パクナム

・【ナイトマーケット】タラートロットファイ

・【遺跡】アユタヤ

などの観光スポットがおすすめです。仏教のタイらしい雰囲気を感じつつ、しっかりと買い物や食事もできるはずです。

予算は約8〜10万円です。バンコクなどの物価の安い国であれば、格安の一人旅が実現します。

この記事を読んで、バンコクへの一人旅にそなえてくださいね。

ライター情報

 

モリキアユミ

元バックパッカーのWebライターです。海外情報や海外旅行で役立つガジェットに詳しいです!

→ブログURL http://ayumiiin345.hatenablog.com/

タイ旅行に必要なものをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

 

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

 

タイ旅行に必要なものをレンタルしたいという方は↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly