Return to site

ボリビア・コパカバーナへの旅行。

行き方からおすすめホテルまで紹介

· Others

「中南米って遠いし、治安も悪そうだし、旅行はなかなかハードルが高いな……」

と感じる方は多いのではないでしょうか?

確かに、中南米と日本の時差は12時間以上あり、さらには到着まで24時間かかることも。長時間の移動が必要な土地のため、なかなか旅行には行けません。しかし中南米は自然が美しく、まだまだメジャーではないからこそ楽しむことができる土地でもあります。

特にボリビア・コパカバーナという街は、まだまだ訪れる人も少ないエリアです。

とはいえ、実際に行ったことがないと街の雰囲気をイメージするのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、ボリビア・コパカバーナを訪れたときの体験記をお伝えします。

・ボリビアにあるコパカバーナとは?

・コパカバーナの観光スポットやおすすめレストラン、ホテル

・コパカバーナへ旅行するときの注意点

など、旅行には欠かせない情報ばかりです。

この体験記を読んで、ボリビア旅行のイメージをつかむことができれば幸いです。

ボリビア・コパカバーナはペルーとの国境の街
ボリビア 上空

ボリビアにある「コパカバーナ」は、ペルーとの国境にある街です。コパカバーナをよく知るためにも、まずは

・ボリビアについて

・コパカバーナの特徴や観光スポット

・コパカバーナへの行き方

をお伝えします。

ボリビア:中南米にあるウユニ塩湖が有名な国

ボリビアは中南米に位置し、人口は約1,067万人、面積は約110万㎢の国です。日本の約3倍の大きさですが、国土の3分の1はアンデス山脈。標高も3,000〜4,000mtと、富士山と同じ高さです。

ボリビアで最も有名な観光スポットは、「ウユニ塩湖」です。鏡張りの絶景は誰もが見てみたいと感じますよね。実際にウユニ塩湖で鏡張りの景色を見ましたが、今まで見たどんな絶景よりもきれいでした。

ボリビアとペルーの国境にある街「コパカバーナ」

コパカバーナ 風景

「コパカバーナ」は、ボリビアの西側にある面積が約346km、人口は約6,000人の小さな街です。中心部はコンパクトなため、1日あれば観光できます。

コパカバーナは、ペルーとの国境に位置します。近くには“チチカカ湖”や、“太陽の島”などの観光スポットを楽しむことができます。

コパカバーナへの行き方

コパカバーナへは、

・ペルーにある「プーノ」

・ボリビアにある「ラパス」

などの街から、高速バスで向かうことができます。

今回はペルーにあるプーノという街からの行き方を紹介します。

プーノからのバスは【チチカカバス】という会社がおすすめです。チチカカバスを使うと、

・料金:20ソル(約700円)

・時間:4〜5時間

で到着できます。

またペルーのバスターミナルでは、ターミナル使用料として1.5ソル(約30円)が必要ですので、専用カウンターで必ず支払ってくださいね。

私の場合、朝7時のバスを利用しました。すると出発してから2時間後に、

・トイレ

・両替所

を利用できる休憩時間がありました。このときに、ペルーからボリビアのお金に両替しておきましょう。

そしてしばらくすると、国境に到着。パスポートと出入国カードを忘れずに提出してください。

ちなみに、ペルーからボリビアの出入国審査のところに行くまでに、こんな写真スポットもあります。

ペルーからボリビアの出入国審査 写真スポット

そしてボリビアに入国してから、入国手数料として2ボリビアーノ(約35円)支払う必要があります。バスで回収されるため、用意しておきましょう。

ボリビア側からさらに2時間ほど走ると、コパカバーナに到着です。バスはそのまま首都のラパスに向かうため、寝過ごさないようにしましょう。

ボリビア・コパカバーナの観光スポット
ボリビア・コパカバーナの観光スポット

コパカバーナは小さい街ですが、

・チチカカ湖

・太陽の島

という2つの観光スポットがあります。

チチカカ湖は街の端から見ることができます。そして太陽の島は「インカ帝国のはじまり」と言われている場所。ツアーに参加することで、島に遊びに行けます。

さらに街中には、お土産屋さんがたくさんあります。ボリビアなど中南米では、民族衣装のような柄の小物や服がたくさんあります。日本にはなかなかない柄のため、気になったものは買っておきましょう!

ボリビア・コパカバーナのおすすめレストランやホテル

続いては、コパカバーナのおすすめレストランとホテルを紹介します。

コパカバーナではランチセット「Almuerzo(アルムエルソ)」を食べよう

コパカバーナでは、いたるところに飲食店があります。

迷ったときは「Almuerzo(アルムエルソ)」という表記を探しましょう。これはスペイン語で「昼食」の意味です。

写真のようなランチセットを食べることができます。

Almuerzo(アルムエルソ) 1
Almuerzo(アルムエルソ) 2

スープ、パン、サラダ、メイン(肉や魚)、ご飯がついて、値段は10ボリビアーノ(約160円)ほどです。ぜひ試してみてくださいね。

コパカバーナのおすすめホテル

コパカバーナでは、「HOTEL Wendy Mar(ウェンディーマール)」に泊まりました。

・朝食付き

・バスターミナルから徒歩5分

のツインルームで、1泊2,800円でした。2人で泊まると、1人あたり1,400円です。

部屋もきれいで朝食もバリエーション豊かです。Booking.comなどで予約できますので、チェックしてみてくださいね。

ボリビア・コパカバーナへ旅行するときの注意点: 高山病の薬を持参して
ボリビア・コパカバーナ 高山病の薬

ここまでコパカバーナの体験談をお伝えしてきました。最後に、コパカバーナを旅行するときの注意点の1つ、「標高の高さ」をお伝えします。

ボリビアは国全体の標高が高く、どの街も3,000〜4,000mあります。これは富士山に登っているときと、ほとんど同じです。

標高が高いと、「高山病」にかかる可能性があります。高山病は

・頭痛

・吐き気

・めまい

などの症状があらわれます。

人によっては高山病にかからない人もいますが、行くまでわかりません。念のため、高山病の薬は持参してくださいね。

まとめ:ボリビア・コパカバーナまでの行き方や観光 スポットを知っておいて、絶景を楽しもう

今回は中南米にあるボリビアの街「コパカバーナ」についてお伝えしました。

コパカバーナは、

・チチカカ湖

・太陽の島

などで有名なエリアです。ペルーのプーノ、もしくはボリビアのラパスから向かうことができます。

今回は、

・ペルーのプーノからの行き方

・コパカバーナのおすすめ観光スポット

・コパカバーナの食事やホテル

・コパカバーナ旅行での注意点

をお伝えしました。

まだまだ情報の少ないエリアですが、しっかりと調べることで危険もなく楽しむことができます。

この体験記を参考にしながら、ボリビア・コパカバーナ旅行の計画をたててみてくださいね。

ライター情報

モリキアユミ

元バックパッカーのWebライターです。海外情報や海外旅行で役立つガジェットに詳しいです!

→ブログURL http://ayumiiin345.hatenablog.com/

ボリビア・コパカバーナ旅行に必要なものをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

ボリビア・コパカバーナ旅行に必要なものをレンタルしたいという方は↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly