Return to site

海外旅行用カバンのおすすめ

《ザ・ノースフェイス》使用レビュー

· バッグ、スーツケース

海外旅行の準備でまず決めなければいけないのがカバン。スーツケースやボストンバッグがよく使われますが、両手がふさがってしまったり、重かったり、持ち運びが大変ではありませんか?

実は海外旅行には、バックパックも使いやすくておすすめです。今回はバックパックをおすすめする3つの理由と、実際に使用した《ザ・ノースフェイス》のベースキャンプダッフルの使用レビューをお届けします。

海外旅行のカバンにバックパックをおすすめする3つの理由

バックパック

海外旅行のとき、みなさんどんなカバンを使いますか?スーツケースやボストンバッグなどさまざまありますが、大容量で衝撃にも強いバックパックは海外旅行に最適なカバン。おすすめする3つの理由があります。

1.慣れない海外旅行!移動中でも両手があくカバンがおすすめ

バックパック 両手あく

バックパックは背負うカバンです。両手があくので、携帯や地図を片手に移動したいときにかなり楽です。

海外の、慣れない土地にいると不自由なことが多いです。道が分からない、言葉が通じない、ホテルにたどり着けない……焦っているときに重いスーツケースをひいて歩き回るのはかなり苦痛です。

バックパックであれば両肩で荷物をすべて持ちきれるので、辛さを感じません。両手で地図や携帯を持ちながら、慣れない海外旅行でもスムーズに歩き回れます。

2.バックパックは40Lからと大容量!お土産を買いたい海外に◎

バックパック お土産

バックパックはどのメーカーのカバンでも大容量。小さい日常使い用のサイズが20L(リットル)から、大きいサイズであれば80Lまで!どれだけ荷物を持っていても入ります。

海外旅行となると、お土産を購入して、あとからどんどん荷物が増えていきます。会社の方へのお土産、友人へのお土産など、スペースを空けておかなければ入りきらないこともあります。

荷物が増えるときでも、バックパックの大容量サイズなら安心。荷物が増えてもまだまだ入ります。

逆に、少ない荷物で旅行できる人には20Lほどのサイズのバックパックで十分。わざわざ大きいカバンを持つ必要がなくなり、身軽に旅行ができます。

3.海外旅行中の衝撃にもアウトドアブランドのカバンなら強い

バックパック 衝撃強い

バックパックは衝撃に強いです。特に、アウトドアブランドのカバンであればより耐衝撃として作られているため、海外でも壊れにくいです。

 

飛行機に乗ると、スーツケースなどがボロボロになりませんか?飛行機に荷物を預けるとき、海外では日本ほど丁寧に扱ってはくれません。投げられることもあるため、カバンは衝撃に強いものの方が安心です。

 

しかし、バックパックは布やナイロンで作られているため、形が崩れにくいです。衝撃に強く作られているので、壊れることもなく安心です。

海外旅行におすすめ

《ザ・ノースフェイス》ベースキャンプダッフル

ベースキャンプダッフル

出典:Amazon

海外旅行のカバンとしておすすめのバックパック。実際に使ってよかった《ザ・ノース・フェイス》のベースキャンプダッフル(40L)の使用レビューをお届けします。

《ザ・ノーズフェイス》ベースキャンプダッフルは約50Lの容量

ベースキャンプダッフル

ザ・ノースフェイスのベースキャンプダッフルはサイズ展開がXS〜XLと多く、荷物の多さや体格に合わせて選べます。今回ご紹介するのはSサイズ。約50Lの大きさなので、二泊三日の海外旅行であれば十分なサイズです。

形はボックス型と言われる四角い形。バックパックではめずらしい形です。ボックス型は背中全体にバックパックの重さが分散されるため、カバンの重さを感じにくい、疲れにくい作りになっています。

ただし、ベースキャンプダッフルは頻繁に容量がリニューアルされます。その度にサイズごとの容量は変わりますので、ご注意ください。写真は2015年購入のカバンのため42Lとなっていますが、現在のSサイズは50Lで販売されています。

《ザ・ノースフェイス》のベースキャンプダッフルは防水性が高い

ベースキャンプダッフル

バックパックの生地は布地のものが多いです。しかし、ベースキャンプダッフルはナイロンのような水をはじく素材。雨の中歩いても、バックパックの中の荷物はまったく濡れません。

布地のバックパックであれば水や雨に弱いため、別途で防水カバーを追加購入する必要があります。お金も無駄ですし、付け外しもめんどくさいですよね。防水カバーは安くても単品で2,000〜3,000円はします。

ベースキャンプダッフル

ベースキャンプダッフルであればもともと防水性の高い生地で作られているうえに、中まで防水仕様。水や雨をまったく気にせずに済みます。

また、ベースキャンプダッフルは高い防水性と衝撃の強さが評価され、多くの遠征隊でも使用されています。それくらい、頑丈なバックパックです。

盗難防止!ベースキャンプダッフルは背中側にファスナーがある

ベースキャンプダッフル

ベースキャンプダッフルはファスナーの位置も他のバックパックとはちがいます。背中側にのみ1箇所、ファスナーがついており、ここ以外からはバックパックを開けられない仕組みになっています。

ベースキャンプダッフル

海外といえば心配なのが盗難。リュックを背負っていると後ろから携帯や財布を抜かれたりといった、日本人の盗難被害も絶えません。ベースキャンプダッフルであれば、背中側からしかカバンが開けられないので、盗難の可能性がグッと下がります。写真のように、ダイヤル錠をつけておくのもおすすめです。

安全に、楽に海外旅行ができるカバンとして《ザ・ノースフェイス》のベースキャンプダッフルはおすすめです。ぜひ試してみてください!

まとめ

海外旅行の準備で悩むのがカバン。スーツケースやボストンバッグが主流かもしれませんが、バックパックが使いやすくておすすめです。慣れない海外でも両手があいて移動しやすく、大容量のため荷物もたくさん入ります。

特に、《ザ・ノースフェイス》のベースキャンプダッフルはおすすめ!サイズ展開が豊富なだけでなく、防水性や衝撃性もかなり高いです。背中のみに開口部分があるため、盗難防止にもなります。

気になった方はぜひ試してみてくださいね。

ライター情報

モリキアユミ

元バックパッカーのWebライターです。海外情報や海外旅行で役立つガジェットに詳しいです!

→ブログURL http://ayumiiin345.hatenablog.com/

バックパックをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

バックパックをレンタルしたいという方はこちら↓

Anyble ホーム
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly