Return to site

GoProの選び方解説!購入でチェックすべき4つのポイント

· カメラ

大人気アクションカメラであるゴープロ。最近、HERO6という新作モデルが発売されたこともあり、購入を考えている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ゴープロといっても種類が多すぎて、どれを買おうか迷いますよね。ゴープロは、画素・防水性・手ブレ補正・値段の4つのポイントをチェックすれば、選びやすくなります。今回は、選び方だけでなく、シリーズの中でもおすすめモデルもご紹介します。

GoProを購入するときにチェックしたい4つの選び方

ゴープロを買うときに、「どのシリーズを買おう?」ということが、まず頭に浮かぶのではないでしょうか?購入に迷わないためにも、選び方のポイントを4つお伝えします!

1.画素で選ぶ

GoPro ライダー

ゴープロは画素の高さが人気の理由でもあります。動画は4K(上位モデルのみ)という、フルハイビジョンの4倍きれいに撮る機能が搭載されています。静止画も1000万画素と、かなり高い数値です。ゴープロで普通に写真を撮るだけでも、かなりきれいな写真が撮れるでしょう。

また、ゴープロは広角写真が撮れることも大きな特徴です。建物や大人数の写真を撮るときなど、特にこまかい設定も必要なく、すべてがおさまる広々とした写真を撮影することができます。

「きれいで、背景まですべておさまる写真を撮りたい!」ということであれば、4K搭載のモデルを選んでおくと安心でしょう。

2.防水性で選ぶ

ウミガメ

ゴープロは、スポーツやアクティビティで使えるアクションカメラということで、防水性も備わっています。海やダイビングでも使える優秀なカメラです。

 

ゴープロは基本的に、10気圧防水という、「水が本体にかかるくらいは問題ない」といったレベルの防水性が備わっています。もともとHERO4までは、ハウジングケースという透明ケースをつけなければ、防水にできない仕様でした。

 

防水ケースをつけると、40気圧防水という、「水に本体をつけても問題ない」ほどの防水性を維持することができます。

GoPro 防水

しかし、HERO5から防水性が改良され、本体のみでも10気圧防水がつくようになりました。さらに、別売りの防水ケースをつけると60気圧防水まで防水性が高まります。60気圧防水になると、ダイビングをしても問題ありません。

 

ただし、HERO4は専用の透明ケースが本体とのセット販売として、売られていました。対して、HERO5からは別売りになっています。

 

ダイビングをしたい人は専用ケースの購入がおすすめです。通常の、海で遊ぶ程度の使用であれば、本体の10気圧防水のみで問題ないでしょう。

3.手ブレ補正

GoPro 固定

写真撮影をしたときに、ブレてきちんと映ってなかった経験はありませんか?手動なので、どうしてもブレて顔が写っていなかったり、背景がぼやけてしまったり……

 

旅行中など、やりなおしがきかない場所での写真でブレると、せっかくの思い出も台無しですよね。

 

ゴープロには、HERO5から手ブレ補正が搭載されました。写真の外側10%をカットすることで、中心の被写体にフォーカスして、ブレを防いでくれるようになっています。ただし、HERO4に手ブレ補正機能は搭載されておらず、HERO5からの機能になります。

 

ゴープロであれば、写真撮影が苦手な人でも、きれいに撮影することができます。

4.価格で選ぶ

お金 ドル

ゴープロ自体、5万円前後するカメラなので、もともと「値段が高い!」とよく言われています。そしてさらに、本体のグレードによって、値段が変わります。

 

Blackシリーズと言った、上位モデルほど値段は高くなります。以下が代表的なモデルの値段になります。

 

・HERO4(シルバーエディション)約50,000円

・HERO5 (Blackエディション)約47,000円

・HERO6(Blackエディション)約59,000円

 

正直にいうと、ゴープロはアクションカメラの中でも価格は高いです。海外の製品なので、国内メーカーの製品に対して、2倍くらいの値段になってしまいます。特に、HERO6はいままでのすべての機能が搭載されているモデルなので、いちばん高価な価格設定です。

 

間をとってHERO4にする、最安のHERO5にする、など、選び方はいろいろあります。しかし、いちばん高いHERO6には、それだけの値段の価値があります。だからこそ、購入はできないけれど、借りて使うというのも、ひとつの手段としておすすめです。

GoPro HERO4・5・6をそれぞれ解説

ゴープロの選び方が分かったところで、それぞれのシリーズの機能を解説します。現在、多くの人が利用しているHERO4・5・6をご紹介します。

GoPro HERO4

GoPro HERO4

出典:Amazon

HERO4は、2014年発売です。3年ほど前の発売になるため、HERO5の発表とともに、発売が終了したモデルです。

 

HERO4の基本的な機能は以下になります。

 

・4K撮影

・アクセサリの付属品が多い

・液晶タッチパネル搭載

・Wi-Fiでスマホと連携可能

 

画素も4K、タッチパネルも使用でき、スマホとも連携できるため、1台あれば便利なシリーズです。

 

ただし、現在は発売が終了しているため、手に入りにくくなっています。購入するとなると、在庫を持っている家電量販店やネット通販からになるでしょう。

GoPro HERO5

GoPro HERO5

出典:Amazon

HERO5は、2016年発売のモデルです。Blackという上位モデルと、sessionという小型モデルの2種類が販売されています。

 

HERO5は、HERO4の基本的な機能をキープしつつ、以下のような追加点があります。

 

・音声コントロール

・本体のみで10気圧防水

・ワンボタン

・GPS機能

・メニューの日本語表示

 

音声コントロールとGPS機能が大きな追加点です。音声コントロールでは、電源オフの状態でもボタン操作なしで写真撮影ができます。「ゴープロ 写真」というようにゴープロに向かって言うと、ゴープロが起動され、シャッターを切ってくれます。

 

サイクリングやアクティビティなど、「ゴープロを胸元につけていて、ボタン操作ができない」という場面は多いです。手元が開かないときでも、音声のみで起動できるのはかなり楽ですよね。

 

また、HERO5からボタンがひとつになりました。ボタンひとつで電源のオンオフ、シャッターなどあらゆる操作ができ、操作性がよりシンプルになりました。

GoPro HERO6

GoPro HERO6

出典:Amazon

2017年発売の、いちばん新しいモデルです。基本的な機能はHERO5と一緒ですが、以下の機能がHERO6での追加点になります。

・スロー映像

・ズーム機能

・さらに高精度な手ぶれ補正

HERO6では、4Kの動画撮影をするときに、スロー撮影ができるようになりました。また、手ぶれ補正がより高精度になり、写真のブレを気にすることはほとんど必要ないでしょう。

GoProを買うならHERO6がおすすめ!
GoPro HERO6

ここまでゴープロの選び方とシリーズを紹介しましたが、HERO6がいちばんおすすめです。

 

HERO6には、いままでのゴープロに搭載していた機能の、すべてが盛り込まれています。HERO6の1台があれば、ゴープロの「どんな機能があってどんなことができるのか」ということも、一通り把握できるでしょう。

 

最新モデルなので、値段は高いかもしれません。しかし、高性能であるうえに在庫はしっかりとあるはずです。購入場所の選択も、たくさんある中から選ぶことができます。

 

気になった方は、購入前に一度、借りて使ってみるのもおすすめです。

まとめ

ゴープロは大人気アクションカメラです。しかし、シリーズの種類や機能が多くて、「どれを買えばいいのか分からない」という声も、非常に多いカメラです。

 

ゴープロを選ぶときは、画素・防水性・手ぶれ補正・値段の4つのポイントを中心にして考えましょう。また、迷ったときは最新のHERO6を購入すると、ゴープロの機能を一通り網羅することもできますよ。

 

気になった方は、ぜひ試してみてくださいね。

ライター情報

モリキアユミ

元バックパッカーのWebライターです。海外情報や海外旅行で役立つガジェットに詳しいです!

→ブログURL http://ayumiiin345.hatenablog.com/

GoProをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

GoProをレンタルしたいという方はこちら↓

Anyble ホーム
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly