Return to site

通勤やフェス、さまざまなシーンで使える!グレゴリーの「テールメイトS」

· アウトドア

バックパックブランドの中でも有名な『グレゴリー』。一度は名前を聞いたことある人がいるでしょう。今回ご紹介するのは、グレゴリーから発売している「テールメイトS」です。とても使い勝手が良く、通勤やフェスなどいろいろなシーンで活用できます。この「テールメイトS」を詳しくご紹介します。

バックパックブランド『グレゴリー』

グレゴリー ロゴ

「グレゴリーというブランドは聞いたことがあるけれど、そもそもどんなブランドなの?」という人もいると思います。ここでは簡単にグレゴリーの歴史についてお伝えします。

“ウェイン・グレゴリー”という男性が14歳のときに、プロジェクトの一環でバックパックとなる木製のフレームパックを自作します。そのフレームパックの完成度が高く、『アドベンチャー16』のオーナーに才能を見込まれスカウトされ、数年間アドベンチャー16の2番目の従業員として、店舗で働くことになったのです。

22歳のときに妻である“スージー”とバックパック会社の『サンバード社』を立ち上げ、オリジナリティあふれるデザインや機能性の高いバックパックの制作を目指しますが、1973年に解散。その後はデザイナーとして、数々のアウトドアブランドのために、さまざまなギアを制作。その中でも「作りたいのはバックパックだ!」と心の中にある情熱を確認し、1977年サンディエゴに『グレゴリー・マウンテン・プロダクツ社』を設立。

当初は店舗裏でバックパックの制作をし、店先で顧客を捕まえてテクニカルな話題で話し込むのが彼の日課だったそう。いろいろな人と話すことでアイディアが浮かび、新しい求められるバックパックを制作することができたのです。

それからというもの、登山ガイドや一般のお客さんからのフィードバックを大切にして、バックパックを制作し続けているのです。

タウンユースから散策まで使える「テールメイトS」

テールメイトS タウンユース 散策

フィット感、使い心地、収納性…どれをとっても優れている!とオススメできるのが「テールメイトS」です。

グレゴリー製品は、なによりフィッティングを大事にしているブランド。なので、「テールメイトS」をフィッティングした際に、他のパックで感じたことのある肩や腰への痛み、フィット感に違和感を感じるなどということがありません。これほど、身体にフィットするパックはなかなかないと思います。

また、テールメイトは1987年にリリースされてからというもの、デザインが大きく変わることなく、30年以上にも渡り販売され続けている超ロングセラー商品のひとつなんです。

フィット感が良い秘密は“立体裁断”

立体裁断 テールメイトS

「テールメイトS」がとてもフィット感に優れているのには、理由があります。それは“立体裁断”だからです。よく使われる平面裁断という紙の上の数字(寸法)に基づいて作る型紙とは異なり、人間の形をした人台(ボディ)に生地を当て、パックのシルエットを表現して作る型紙なのです。

このように作られているので「テールメイトS」はとっても人の身体によくフィットするパックなんですよ。

滑りにくい背面パネル

よくウエストパックにあることが、「装着している間に、パックの位置がズレる…」ということ。行動している間にパックの位置が装着したときとズレると、「ズレるし、使いづらい…」そう感じてしまいますよね。

「テールメイトS」はズレ防止のために、グリプションメッシュを使用したパッド入り背面パネルを採用しています。このグリプションメッシュは、滑りにくく、メッシュになっているため、通気性が良く夏でも快適に使えます。

パックを使っていると、「どんどんズレるのがイヤ!」と悩んでいる人に、「テールメイトS」はオススメです。

収納性に優れている

テールメイトS 収納性

パッと見ると、そこまで収納性に優れているようには感じませんが、実際にモノを収納すると「こんなに入るの?」と驚きます。

実際にどれくらい収納できるのかというと、

・長財布

・携帯

・カギ

・500mlのペットボトル

上記を入れても、まだまだ余裕があるんです。少し肌寒くなりそうな日には、パーカーなど上着も入れられます。上着を入れると少しパンパンになりますが、身体へのフィット感は問題ありません。

街でも山でも使える、万能パックといえるでしょう。

飽きがこない“シンプルなデザイン”

パックを使っていて感じることがあります。それは“飽きがこない”ということ。1987年にテールメイトがリリースされてから、大きく形やサイズが変わることなく展開されています。30年以上にも渡り、形やサイズが変更されることなく展開し続けているのは、テールメイトのシンプルなデザインだからでしょう。シンプルなデザインだからこそ、飽きがこないので、使い続けられているのだと思います。

またシンプルなデザインだからこそ、いろいろなファッションに合わせやすく、山以外にもタウンユースとして使えるのが魅力のひとつでしょう。

まとめ

バックパックブランド『グレゴリー』が展開している「テールメイトS」についてご紹介しました。1987年にテールメイトを発売してからというもの、その利便性の良さから30年以上にも渡り、発売され続けています。フィット感や収納性、使い心地など、求めている人に「テールメイトS」はオススメのパックです。

ライター情報

高松 未樹

フリーライターとして活動。主にアウドドア/バックカントリー/オフロードバイク/船舶/キャンプに関する記事を執筆。

Twitter:https://twitter.com/mi_916510

グレゴリー テールメイトSをレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

グレゴリー テールメイトSをレンタルしたいという方はこちら↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly