Return to site

カメラレビュー vol.42

FUJI X-T3

· カメラ

フジのミラーレスは独自のX-Trans CMOSセンサーを採用し、通常のベイヤー式センサーのカメラと比較して高精細で色彩豊かな写真が撮れる事で知られています。2016年に発売されたフジのミラーレス一眼、X-T2は初代X-T1から画素数のアップを図ったりAFの性能を格段にアップさせたりとT1ユーザーの不満点をことごとく改良し、いわばフジの名機と言われるカメラになりました。そんなX-T2が2018年9月にX-T3にモデルチェンジ。さて、バージョンアップではどのように進化したカメラになったのでしょうか。今回はフジフイルムのミラーレス一眼、FUJI X-T3のお話です。

それではまずはカメラのデザインを見てみましょう。フジのTシリーズはちょっとレトロな角ばった一眼レフスタイルのボディを採用しています。今回のX-T3も先代同様のイメージ、というかぱっと見では機種名を確認しなければT2・T3の見分けがつかないほどそっくりです。正面から見ても背面から見てもボタンやダイアルの配置は全くと言っていい程一緒。ただよくよく確認するとコンビネーションダイアルの上段・下段ダイアル幅がT2では一緒だったものがT3では上段は大きく、下段は小さく改良されておりダイアルの操作性が向上しています。あとカラーリングの話ですがX-T2ではまずブラックモデルが発売され、後にシルバー(グラファイトシルバー)モデルが発売されたのですが、X-T3では最初からシルバーモデルが選択できるようになりました。グラファイトシルバーが少しグレーかかった暗めのトーンであるのに比べ、X-T3のシルバーモデルはX-Eシリーズなどのシルバーと同系の明るいものになっています。精悍なブラックとレトロ感アップのシルバーモデル、カラー選択で最初から悩みそうですね。

次に心臓部のイメージセンサーとエンジンですが、先代のX-T2では約2430万画素のX-Trans CMOSⅢセンサーにX-Processor Proという処理エンジンが使用されていました。今回のX-T3では約2610万画素のAPS-Cサイズ裏面照射型X-Trans CMOS 4に画像処理エンジンはX-Processor4が採用されています。画素数自体は大した増加にはなっていないのですが、センサー自体が大幅なグレードアップ。初の裏面照射型CMOSセンサーを採用したことでS/N比が良くなり標準最低感度がISO160となりました。また、ノイズが減ったと同時に、AF性能もさらに強力・ハイスピード仕様となった事も魅力的ですね。画像処理エンジンは“4”が示す通りクアッド・コアのプロセッサーになります。処理能力が大幅に向上したことで、動画撮影も4K60Pを実現しました。動画に強いカメラとして有名なパナソニックのミラーレス一眼がありますが、実はあまり大きく書かれる事は無いのですがフジのミラーレス一眼もかなり動画が綺麗です。4K60Pが使えるようになったうえ、後程書きます新フィルムシミュレーション「エテルナ」のおかげでしっとりした映画クオリティの動画が撮影できるようになりました。ここが今回一番の大きな目玉ポイントだと思います。

お馴染み、フジのフィルムシミュレーション機能ですが今回のX-T3にはX-H1で採用された新フィルムシミュレーションの「エテルナ」が搭載されています。「エテルナ」は富士フイルムが作った映画用フィルムの名称。ちょっと寒色系でグリーンなどの色が艶やかに出る傾向のシミュレーションです。X-H1で初搭載された時にはカメラ雑誌よりビデオ雑誌に大きく取り上げられたこともあり、動画撮影の世界ではかなり話題になっていたエテルナ。実は他のフィルムシミュレーション機能同様に動画だけではなく静止画(写真)にも使用することができます。特徴は、淡い軟調な中に豊かな諧調感があり、薄暗い情景の中でこそ効果を発揮するフィルムシミュレーションのように思います。X-T2から基本性能自体は大きな変更はないのですが、この機能が使いたいが為にX-T2からの買い替えをする人が結構いらっしゃるとか。エテルナを使った作例を見ると、なんとなくその気持ちも理解できる気がします。

X-T2の時にも書きましたが、フジのカメラは積極的にJPEG撮って出しをしたくなります。私もフジのカメラを愛用していて長年RAWからの現像をやっていた手前、自信満々でRAW現像してみるのですがやはりJPEG撮って出しのほうが綺麗だったりして。また、JPEGのほうがノイズリダクションも綺麗に処理してくれるようで、RAWではISO3200がいいところかなと思うのですがJPEGなら状況によってはフルにISO12800でも使える気がします。T3になってもJPEGの画質の良さは健在。JPEGでフィルムシミュレーションによる絵つくりが楽しくなるカメラです。

ライター情報

ひろの ゆげのん 

FUJI X-T3をレンタルしたい方へ

Anyble(エニブル)では個人間でいろいろな”モノ”が安心してレンタルできます。

商品は100%保証なので、汚れ、破損の心配は必要ありません。

貸したい人は、何回も貸し出すことによって継続的な収入が得られます。

借りたい人はレンタルショップよりも格安!で個人から借りることができます。

FUJI X-T3をレンタルしたいという方はこちら↓

エニブル アプリ
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly